エプシロンのロゴ
| English | サイトマップ | お問い合わせ |

伝熱計算

本計算はJIS A 9501:2006の5.2節の計算式に基づいて行います。
以下の3ケースの計算が可能です。

放散熱量から保温厚さを計算します。放散熱量が指定した値以下となるような保温厚さを計算します。
  • 入力画面
  • 放散熱量から保温厚さを計算(入力)

  • 出力画面
  • 放散熱量から保温厚さを計算(出力)

上に戻る

表面温度から保温厚さを計算します。表面温度が指定した値以下となるような保温厚さを計算します。
  • 入力画面
  • 表面温度から保温厚さを計算(入力)

  • 出力画面
  • 表面温度から保温厚さを計算(出力)

上に戻る

保温厚さから表面温度および放散熱量を計算します。
  • 入力画面
  • 保温厚さを指定して表面温度・放散熱量を計算(入力)

  • 出力画面
  • 保温厚さを指定して表面温度・放散熱量を計算(出力)

上に戻る

 主な業務 
エンジニアリング
プラント新設・改造検討
熱交換器設計
充填物
Cellpack、ラシヒリング
ポールリング、CMR
バイオディーゼル燃料
製造装置
吸 着
排ガス処理、脱水、除湿
ソフトウェア
化工計算、保温・保冷計算
受託計算
蒸留・熱交換器・トレイ能力など
省エネ診断
コンプレッサー電気代の削減
Copyright (C) 株式会社エプシロン. All rights reserved.